調理器具などを作っている

様々な調理器具を作れる

鍋やフライパンは、アルミから作られているものが多いです。
みなさんの中にも、普段から使っている人が多いでしょう。
それらは、アルミ缶を再利用して作られているものです。
また、お玉やフライ返しなどもアルミ缶が元になっていることが多いです。
身近な調理器具に生まれ変わるので、今後はアルミ缶を積極的にリサイクルしてください。
アルミ缶が、再びアルミ缶になることもあります。

タイヤにはホイールがついていますが、それもアルミ缶から作られています。
他にも、様々な車の部品にアルミ缶が使われています。
アルミ缶以外にも、生まれ変わるものが多いのは驚きですね。
誰でも、アルミ製品を1つは利用しているはずです。
身の回りをチェックしてみましょう。

簡単にリサイクルできる

毎週、地域でアルミ缶を回収する日が決まっています。
その日にまとめて出すだけで良いので、非常に簡単です。
忘れていてアルミ缶を出せなかった場合は、自分で回収ボックスに持っていきましょう。
駅やスーパーに、回収ボックスが設置されています。
ですから仮に処分し忘れても、自宅にアルミ缶が大量に溜まることはありません。

別の日に出すことは、絶対にしないでください。
燃えるゴミの日にアルミ缶を出しても、回収してくれません。
ずっとアルミ缶が放置されるので、環境が汚くなります。
最も良いのは、出し忘れないことです。
しっかりアルミ缶を回収する日を確認して、前日のうちに準備しておきましょう。
すると忙しい朝でも、スムーズに処分できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る