何回も使い続ける意識が大切

再利用してできるもの

紙は、また新しく紙に生まれ変わります。
綺麗な再生紙になるので、再びコピー用紙やメモ用紙に生まれ変わります。
薄い紙だけでなく、段ボールなどの厚い紙にもなります。
みなさんが紙を購入する際は、再生紙と書かれているものを選択してください。
それがリサイクルされて生まれた紙の印です。

再生紙の需要が増えると、もっと量が増えるので森林の伐採を食い止めることができるでしょう。
このまま行くと、森林がなくなってしまいます。
すると、地球上のほとんどの生き物が全滅します。
新聞や雑誌、チラシなどもリサイクルできます。
紙製品は、全てリサイクルする意識を持ってください。
また白い部分が残っているなら、しっかり使い切ってから処分しましょう。

資源ゴミとして処分しよう

新聞紙もコピー用紙も、紙製品は全て資源ゴミに該当します。
燃えるゴミに出すと、リサイクルされずに焼却されてしまうので注意しましょう。
せっかくリサイクルできる資源なのに、燃えたらもったいないです。
また燃やしたことによって、有害物質が発生します。
地球環境の悪化に繋がるので、資源ゴミに出し手ください。
再利用することで、ゴミを減らせるというメリットも生まれます。

新聞紙や雑誌を処分する際は、まとめて紐で縛ってください。
まとめていないと、回収する時にバラバラになるので面倒な手間が増えます。
散らばらないように、きちんと紐を結びましょう。
紙製品をリサイクルすることで、トイレットペーパーやキッチンペーパーなど生活用品も作れます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る