何回も使い続ける意識が大切

紙を新しく作り出すために、森林を伐採しています。 まだ地球上には森林が残っていますが、このまま伐採が続くとなくなってしまうと言われています。 回避するために、リサイクルが進められています。 紙を再利用することで、新しく紙を作り出すことが可能です。

森林の伐採を回避するために

新しい資源をすぐに使っていると、あっという間になくなってしまいます。
資源を節約するために、リサイクルが推奨されています。
紙も、リサイクルされている製品になります。
使い終わった古紙を回収して、施設に運びます。
そこで紙を一旦すべて溶かしてから、新しい紙になります。
白くて綺麗な紙になるので、再び使用するのに何も問題はありません。
紙は燃えるゴミではなく、資源ゴミに出してください。
すると回収されて、リサイクルできます。

アルミ製品も、リサイクルされたものです。
主にアルミ缶が使われています。
アルミ缶のゴミ箱はどこにでもあるので、街中で飲み物を飲み終わった時でも大丈夫でしょう。
地域のゴミ収集でも、毎週出す日が決められています。
またスーパーなどの施設にもゴミ箱が設置されているので、リサイクルしやすい製品の1つです。
タイヤのホイールや、フライパンなどに生まれ変わります。

ガラスの瓶も、再利用されます。
リサイクルして道路になったり、住宅の断熱材に使われています。
みなさんが綺麗な度道路を歩けたり、温かい家で暮らせているのでガラス瓶をリサイクルしているからだともいえます。
ペットボトルがリサイクルによって変わるものは何だと思いますか?答えは柔らかい衣料品です。
みなさんが着ている服の中には、ペットボトルから作られたものがあるかもすれません。
他にもトレイや、卵を入れるためにパックもペットボトルを利用して作られています。
資源の無駄遣いを減らすため、リサイクルしましょう。

調理器具などを作っている

アルミで作られた調理器具を作っている人がいるでしょう。 アルミ缶を再利用することで、そのような製品が生まれます。 またタイヤのホイールも作っているので、車に乗っている人にも身近な存在ですね。 再びアルミ缶を作って、飲み物を入れて販売されることもあります。

割れないように気を付けよう

飲み物や調味料が入っているので、ガラス瓶のゴミが出ることが意外と多いです。 実はガラス瓶をリサイクルして、作られているものがあります。 非常に身近な存在で、道路や住宅の断熱材が該当します。 なくてはならないものに生まれ変わるので、しっかり再利用しましょう。

リンク集

立川市で不用品回収できる物

不用品回収でも回収できる物とできない物があります。立川市で回収できる物を把握しておきましょう。

TOPへ戻る